■界隈寫眞館|続・きさらづの界隈をゆく2 仲片町、レトロ建築、駅界隈の未掲載分を拡大画像/スライドにしました

きさらづの界隈をゆくは、まだまだ続く

いつまでもあると思うなレトロ建築

 最近、駅近くの田面通り(踏切のある通り)では、古い建物の解体が進み、いつの間にか駐車場という名の空き地が増えている。

 あれっ、そこにはいったい何があったのだろうか、それが思い出せない。空き地(一応駐車場ではあるが)は、なんとも空虚な雰囲気を漂わせて、そこにあった記憶もまるで忘却の彼方へとすーと消えてしまったようだ。

 昨日より今日、今日より明日、はたして未来は明るいか否か。それが問題だ。

 駅東口では、ワシントンホテルの1階にベーカリーカフェがオープンしていた。さらに隣にも、たしかイタリアンカフェ?がオープンするようだ。ハミング通りの入り口近くには、新しい飲食店がオープンしていた。

 一方、おなじハミング通りにあったカメラ屋さんが閉店していた。入居していたビルのガラス壁面にはテナント募集の張り紙があった。1階と地下合わせて、約30坪で15万(賃料/月)だそうだ。東京なら安いが、木更津ではどうなんだろうか。

 駅に近く、1坪あたり5千円なので感覚的には安いと思うが、それでも衣料・雑貨などの小売店には厳しいか、やはり飲食店になるのだろうか。コンビニはもう飽和状態だし、マクドナルドには狭すぎるような気がする。

 それはさておき、「きさらづの界隈をゆく」であるが、界隈写真家・村田賢比古氏の撮り下ろした写真は、ほぼ出し尽くしたと思います。したがって、そろそろ新しい写真を当方が自ら撮りにいこうと考えております。

 今度は、界隈のストリートをテーマにしたいと構想中です。乞うご期待ください!「きさらづの界隈をゆく」は、まだまだ続きます。

<拡大画像とスライド>
 このページに掲載したどの写真でもクリックすれば拡大されて、そのままスライドにもなります。(スマホでは画像をタップして拡大し、そのあと画像に触れて左右にスライドします。なお、機種によって操作が違うかもしれません)

 拡大画像およびスライドを閉じるには、右上の✖印をクリックしてください。



全撮影:村田賢比古
写真の著作権は、村田氏に帰属します。
村田賢比古の写真サイト:Kai-Wai散策
撮影日:2017年11月1日

追記
 新しいコンテンツとして、「きさらづ美人」というものを考えたが、どんなもんだろうか。「美人時計」というアプリがあるが、それとおなじようなコンセプトである。ただし、時計はつけないが。

 目的はただひとつである、木更津にも美人さんがたーくさんいるよ、ということを日本全国の多くの人たちに伝えたい。さらにいえば、それが巡り巡って木更津への移住促進、人口増にも繋がるかもしれない。(ほんとーか)

 大げさにいえば、「きさらづ美人」は地域活性化になるということだ。

 そんなことを考えましたが、昨今ではなにかと「#me too」が浸透しているので、当方は若干怯んでおります。そこで、この場を借りてお願いいたします。自薦他薦は問いませんので、美人さん情報をご連絡頂ければ幸いです。

 ちなみに当サイトは、けっして、けっして怪しいサイトではありません。

 なーにを言うか、そういうところこそ怪しい。と考える人もいると思いますが、当サイトは間違いなく怪しくありません!(キリッ)なんのメリットもないかもしれませんが、興味をお持ちの方をお待ちしております。

<きさらづ美人の内容>
・写真
・インタビュー
プラベート情報は非公表、名前を載せることはしません。なお、ギャラはありません。

(サイト運営者/cragycloudより)

ご連絡はこちらから
お問い合わせ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク