■定点観測|きさらづ駅東口編 空き地、空きビル、空き家を観測する

この記事は約3分で読めます。

東口は西口に比べれば、まだ活気があるが…

かつては好立地、いまではもう成り立たない

 駅東口は、ワシントンホテルが開業してから、若干ではあるが活気が出てきたような気がします。飲食店を中心に、多少の賑わいが復活したようです。ただし、飲食店の多くは、夜営業なので、昼間は閑古鳥が鳴いています。

 飲食業は、ぽつぽつと新規開店していますが、小売業の新店舗はまったく見当たりません。いかにこの地区で商業が成り立たないかを思い知らされます。駅近であっても、それは商業的になんのメリットもないようです。

 とはいえ、西口に比べれば、だいぶマシなレベルといえます。東口には、人口増の郊外が広がっているので、やりようによっては顧客獲得(人集め)がしやすいと思われます。しかしながら、まだ人を集める魅力が不足しています。

 全国チェーンの小売業が出店しない状況は、今後も続きそうです。しかし逆にいえば、いまこそ地元資本のチャンスともいえます。地産地消を目指す、地元資本による商業活性化こそ、きさらづのまちづくりには欠かせないはずです。

 それには、なにかしらの優遇策が必要と思いますが、どんなもんでしょうか。

定点観測 きさらづ駅東口編


駅東口の真正面にあたる空きテナント

 駅西口に比べればマシとはいえ、駅近くのビルには空きテナントが目立ちます。駅東口から徒歩約1分のビル1階(隣は三菱UFJ)では、テナント募集の案内が掲示されて長いこと経ちますが、なんの変化もありません。

 ダイエー跡地は、このままずーと駐車場なのでしょうか。ファミリーマート隣の空き地もいまだ開発される気配が見られません。

 一方、三菱UFJの裏にある通り沿いでは、昭和のビルが改装を終えて新しいテナントを待っています。古いビルを解体ではなく改装したことは、今後の何かしらの環境変化を見通した結果と思われますが。

 また、長いこと空きテナントだった駅前交差点角のビル1階には、新しいテナントの入居が決まったようです。ビル内では工事が始まっていました。

 上記したように派手な動きはないものの、駅東口では、少しずつ環境が改善しそうな雰囲気にあるような、そんな気がしますがいかに…。

駅東口前

長いこと手付かずの物件が…


ファミリーマート隣、駅東口の真正面にあたる


駅すぐ近くの空きビル


閉店したパチンコ屋、いまだ手付かずのまま


リフォームが終わった昭和のビル、新しいテナント待ち


閉店した薬局、長いこと変化なし

駅前交差点近く

1階に空きテナントが多いのは、家賃のせいか


長いこと空きテナントだったが、最近ようやく入居が決まったらしい


ここは、いつまでおんなじ状態か

ハミングストリート

花屋さんだった空きビル


このビルにテナントが入れば、ハミングストリート沿いはもっと活気づくはず

田面通り

ビジネスホテル前ではマンション建設が進む


マンション建設が進む現場隣には、空き地が広がる

冒頭写真:ハミングストリート沿いにある駐車場

写真:cragycloud
撮影・観察日:2018年1月17日 午後12時-2時頃
お知らせ:この定点観測は、定期的に実施しご紹介していきます。きさらづ駅東口編の次回は、だいたい春頃を予定といたします。

看板建築商店2 (モルタル)
Nゲージ 23-472 看板建築商店2 (モルタル)

コメント